このウェブサイトは、アフィリエイト広告を掲載しています。

生成AIを使い危機を乗り越える

この画像は、MicrosoftのBingに描いてもらいました。

こちらの記事は、MicrosoftのBingに作成してもらいました。


上記の記事は、下位のキャンプファイヤーのクラウドファンディングの記事でも書いたように、画像の加工はChatGPTを活用しています。

記事と画像は、Bingを活用しています。


今取り組んでいるプログラミングを伴うウェブサイト制作も、ChatGPT Plus、Bing、GoogleのBardなどを活用して取り組んでいます。

私は、相談相手が居ないので、マイクロソフトのBingという無料で使える生成AIと会話しています。

そして、ChatGPTの有料版のPlusを利用して、プログラミングの生産性が向上するように工夫しています。

2023年9月26日に、Windows11の大型アップデートがあり、標準でBingがOSの中で使えるようになります。

Windows11に生成AIが組み込まれることで、スタートレック・ネクストジェネレーションのエンタープライズのコンピューターのような使い方も、今後できるようになるかもしれないですね。

私は、生成AIの使い方を学び、生成AIを取り入れて生産性の向上に努めています。


wordPressで作ったアフィリエイトのブログ、ウェブサイトが、ステルスマーケティングの規制に対応するのに困っている人は、私に相談してください。

ウェブサイト全体で、ヘッダーなど上部に、アフィリエイト広告を利用していることを掲載できるように、ウェブサイトのカスタマイズをお手伝いできます。