このウェブサイトは、アフィリエイト広告を掲載しています。

Shopifyで独自ドメインでメールの認証をする場合

今回Shopifyのメール認証の方法で、DNSの設定で迷ったことがあります。

こちらの記事に、詳しく書かれていました。

補足すると、

Shopifyが指示するホスト名.自分のオンラインストアのドメインが、CNAMEのホスト名に記載する内容です。

このホスト名の書き方に、気を付けてください。

特にエックスサーバーのDNSは、ドメインを全部最後で書きます。

他のサーバーのDNSと少し書き方が異なりますので、気を付けてください。



設定推奨!Shopify送信元メールのドメイン認証方法が変更になりました

Shopifyのストアで設定する「送信元メールアドレス」は、お問い合わせ等、お客様とのやり取りに使用される重要な項目です。ブランド認知や信頼性の確保のため、独自ドメインでのメールアドレスを設定しているストアは多いのではないでしょうか。 今後、このメール配信が新しい認証済みの方法へ移行することが発表されており、メールアドレスのドメインを認証することが推奨されています。本記事では、認証の方法について解説していきます。 メールアドレスのドメインを認証しないと何が起こるのか? ドメインの認証をしない場合でも、お客様にメールを送信することは可能です。しかし、 お客様に届くメールの送信元(From)に「shopifyemail.com 経由」といった表示が入る お客様にメールが届いた際に「迷惑メール」に入ってしまう可能性がある 上記のような現象が起こり、メール到達率の低下が懸念される形となります。特に迷惑メールフォルダに入ってしまうことは、お客様からの信頼性低下やメールに気付いてもらえないなどといった問題が考えられるため、ドメイン認証をしておくと安全です。 今までもドメイン認証の方法はあったが今後非推奨に 今までにおいても、送信元メールアドレスのドメイン認証をする方法はありました。ご契約されている外部ドメインサービス(お名前.comなど)のDNS設定にて「v=spf1 include:shops.shopify.com ~all」という値のSPFレコードを設定する方法です。 しかし、新しい認証済みのメール配信へ移行するにあたり、上記の方法は非推奨となることがShopify公式より告知されております。すでに上記SPFレコードの設定をしているストアも、新しい認証を行うことが重要とされています。 新しいドメイン認証の方法について 今後はメールアドレスのドメイン認証を行う際、下記の手順で進めていきます。 1. ストア管理画面の「設定」→「一般設定」へ 2. 「送信元のメールアドレス」の項目の「管理する」をクリック 3. 「認証する」をクリック ドメインステータスが「認証されていません」の状態だと、shopifyemail.com経由となる旨の表示がされています。 4. ナンバー1〜ナンバー4までの情報をまとめておく ポップアップウィンドウが表示されます。「ナンバー1を記録す

コマースメディア株式会社

エックスサーバーでメールの送受信が出来なくなった場合は、こちらの記事のように、MXレコードのサーバー名を確認してみてください。


私も、Shopifyのメール設定を体験しましたので、お手伝いできます。

ぜひ、ココナラで出品していますITサポーターに、お気軽にご相談いただけましたら幸いです。


ココナラでメールアドレスの設定などを、出品しています。