このウェブサイトは、アフィリエイト広告を掲載しています。

Web3.0の入り口を手に入れた

ドメイン会社のキャンペーンで、Unstoppable Domainを知りました。

こちらにも速報で、記事を書きました。



NFTのドメインは、仮想通貨(暗号資産)の受け取りに利用できたり、プロフィール公開、ウェブサイト公開できたりと活用できます。

一番すごいのは、更新料が費用なことです。

一度の支払いで、ずっとい保有できます。

さらに、ドメインの売買の仕組みもあります。


ファイルをアップロードできるので、既存のウェブサイトへ接続することもできます。

NFTドメインへのアクセスは、Barveやoperaが推奨されています。

Barveを使うと、NFTドメインのウォレットとしても活用できるようです。



iPhoneのTRUST WALLETでも、予めポリゴンをウォレットに追加しておくことで、ミントに利用できました。

解説では、androidのTRUST WALLETのアプリのみ紐付けられるように書かれていました。

でも、iPhoneのTRUST WALLETのアプリでも、NFTドメインのミントに利用できました。


駆け出しクリエイターやAIアーティスト、デザイナーの方で、ポートフォリオを無料で公開したい方は、NFTドメインのネット上のプロトコルIPFSを活用することで、実現できると思います。

nftというドメインは、NFTを販売している人にお勧めだと思います。

また、888というドメインは、エンジェルナンバーに詳しい人にも、お勧めだと思います。


Unstoppable Domainのサイトにファイルをアップロードして、IPFSの仕組みを使って公開できます。

このファイルをアップロードできる仕組みを活用することで、作品紹介や作品の売り込みもできると思います。

また、ウェブ上で簡単に記事を書くこともできますので、気軽にプロフィールのページを作ることができます。


WordPressをIPFSで公開するために静的HTMLに変換する需要が増えると予測しています。

私は、このUnstoppable Domainを通じてWordPressを静的HTMLのページに変換してIPFSで公開する手順を知りました。

PDFをHTMLに変換して、IPFSでこうかいしたいと思う人も増えると思います。

私は、こうした人たちのお役に立てるように、準備できるようにたくさん仕事をしたいと思っています。

今でも、PDFをHTMLに変換できますので、対応できます。

WordPressをローカルで開発する経験もありますので、WordPressをHTMLの静的ページに変換することも対応できます。